やっと

鍵盤押さえ棒取り付け2013.7

先週は、パッサージュさんの親方さんが見えて、昨年末購入したグロトリアンシュタインヴェヒに本当ならついてたはずの鍵盤押さえの棒を付けにきてくれました。やっと合わせた日程、なんども日時調整した末に、当日になって、ネジがちょうど合うものがなくて、またの機会にといわれ、え?? また別の日とはいったいどういうことですか??予定より1時間も早く来られまだ私お昼まだなんですけどと思うも、 資材が豊富なホームセンターが近くて幸い、車で往復→持ってらしてた写真の棒にドリルで穴をあけ、鍵盤の間に立っているネジ棒にネジで留めて出来上がり、作業は数十分、 取り付けられる瞬間など見るのは珍しいので見ていました。

鍵盤押さえの棒がついてないことを、運送屋さんが気が付いてて言った方がいい、と言って下さっていたのですが、気になっていたもののなかなか言い出せず、 でも、ここ数年うちにいらしてるコンサートチューナーKさんが、これだけの高さの棒が出てるんだから、鍵盤押さえがついてたはず、無いのはおかしい、1年以内だし、納入調律してから数か月、無料で取り付けて当たり前、ぼくならそうします、とアドヴァイスくださったのもあって、お店に連絡入れました。 ところがね電話に出た技術者があなたの気のせいだろうとか客のせいにするの。  監督不行き届きだった(__)と親方尾崎さん。親方さんは、輸入ピアノを手がけて30年だそう、鍵盤押さえがないメーカーもあれば、フェルトが貼ってなくて、直に木製の棒が取り付けられてるメーカーもある、など、他にもヨーロッパのピアノの話をあれこれ聞かせてくださって、これがなかなか面白かったですが、親方さん、押さえ棒がついたあと弾きごこちがどうなったかは興味がなかったみたい。鍵盤押さえの棒は、あるのとないのでは違いました。 割れてひどい音のままこれで調整は万全だといえるのが不思議。 その後はいつものKさんにお願いしました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください