お久しぶりな場所

新年という感じがなぜかしないお正月でした  不思議  I先生とご一緒に巣鴨往復でした。

帰りは数年ぶりに牛久で途中下車して、リニューアルしてピアノも会場も生まれ変わってとても良くなったと評判の牛久エスカードホールに寄ってきました。ここは94年頃から10数年毎年コンサート出演でピアノ弾きに来ていたところでした。でも、JR牛久駅からすぐの商業施設内の良い場所であるにもかかわらず多目的ホールで、同じフロアにいろいろ並んでいて、雑多な雰囲気だし、ピアノも評判の悪いヤマハのフル婚と、あまり音楽向きホールでなかっため、長年の市民からの要望と運動の結果、ホールのリニューアルが叶ったと記憶しています。

以下( )はリニューアル以前の状況↓

牛久エスカードホールが多目的ホールだった頃は、楽屋もなく、演奏者が舞台袖に入るドアが、同じフロアにあるお医者様に向かう人や買い物客も通る通路に直接面していたため、ホールを借りて演奏会を開くたびに小さな困ったことが起こりました。 不審者がうろうろして、楽屋に入って来たり、怖い思いをしたことも何回かありました。そして極めつけは、ホールが入っているビルのお掃除のおじさんが原因で起こった大変不快不愉快な出来事。今でもよく覚えています。いざ演奏の出番、ドレスを着て通路に面した舞台袖ドア付近に行くと、掃除のおじさんが舞台袖ドアの前に、何十個もの椅子をうずたかく積み上げてしまって、開演間際お客様を待たせた状態で演奏者がステージに行けない入れない事態になっていたのです。演奏直前だというのに。1か所しかないドアがふさがれてる。 舞台袖に入れなくされてしまうと困ります、どけてくださいといったら、そんな恰好で何だ、いちゃもんつけてきたうえに、殴りかかってきたので、私は演奏直前に掃除のおじさんと喧嘩して怒鳴り合いになってしまい、演奏直前5分前にそんな目に遭って、その後の演奏は? 正直、落ち着いては弾けませんでしたね。 演奏者が掃除のおじさんに妨害されて舞台に入れなくされるという、牛久えすかーどホールでした。 それで平気だけどなにか??というその会の人たちも全員実は河童)

数年ぶりに行ってみましたら、リニューアル後は驚くほど良くなっていました。(一般的な普通のレベルのホールになっただけなのですが)もちろん楽屋はあるし、あの間取りなら、掃除のおじさんに入口を塞がれることもないことでしょう????????

収穫の多い日でした。

実際にその人にお会いしてお話を聴けるっていいな、思いました。大事なことはやはり直接会って話すのが一番ね。ピティナのKさんにお会いして実際にお話を伺って、諸々の漠然としていたことが少しづつピントが合ってきました。kさんは、よく人の話が聴ける人、とても人間味のある方。(私の中ではそういう方は満点)わざわざ出かけてよかったわ。貴重なお時間割いてくださり本当にありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください