見抜く

「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か 野口剛夫氏 の新潮45に寄せられた文章を昨日読みました。おかしい、無理がありすぎる今回の騒動を見抜いていただけでなく、雑誌に寄稿していたことは知りませんでした。 野口氏がクラシックのプロ音楽家ということにすこし安堵。指揮者の大野和士氏の記事も読みました。交響曲の初演に作曲家が立ち会わなかったなど、ありえないことが起きていたことや、促成栽培でなんでも簡単にできると思わせてしまう風潮を厳しく指摘していました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください