闇と光

スクリャービン没後100年の演奏会が今年はたくさん開催されています。今日は武蔵小金井へ。スクリャービンのピアノソナタ全10曲1曲ずつ違うピアニストが演奏する演奏会聴きに。1番から最後の10番へ至る道のり楽しみました。むらかみ弦一郎先生の演奏3番のソナタから溢れんばかりの愛が聴こえてきました。 5番は昨年秋冬半年間程練習に毎日毎日付き合った曲、その続きの6番は昔リヒテルのLP擦り切れるくらい聴いた曲。okada先生の9番黒ミサ本当の本家の演奏に、会場の皆さん拍手鳴りやまず。うちの子okada先生T音大G大門下生皆喜びの笑顔笑顔だったそうです。

投稿者: riko_pf

ピアノを巡る日々の出来事を綴ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください