暗示

昔ピアノ習ったぱぱままも多いかと思いますが、自分はピアノ挫折しピアノ大っ嫌い、でも、子供にやらせたいとおっしゃる親御さんがいらっしゃったときは目が点になりました。自分が弾けるようにならなかったので昔の先生許せない、だからピアノの先生全般うけいれられないとまでおっしゃる方たちにも会ったことがある。  嫌いな食べ物なら捨ててしまうでしょうし嫌いなTVだったら即消してしまうでしょうに、嫌いなものを人にすすめていいことでもある??わざわざ大嫌いなピアノを習わせてなんかいいことでもあるのかなぁ・・・・。その理由は、我が子がピアノを習ってるということで人より優位に立てる???から???ピアノを習わせたいということなんだそうで。音楽が好きだから弾きたい上手に弾けるようになりたいではないので驚いたんです。 子守場所と勘違いしてるケースも多い。こどもにはこどもの世界があり、こどもは親とはまったく別人格なので割り切って接してほしいです。

投稿者: riko_pf

ピアノを巡る日々の出来事を綴ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください