教材

ピアノのレッスンでは、鍵盤上で音楽理論やソルフェージュも同時に進めています。皆さんの弾いてみたい好きな曲が自信を持って自己表現自己主張もしっかりと良い感じ♪に弾けますように。 

読譜力、とよく言われますが、音符が読めただけでもう弾けたと勘違いしてるそこのおかあさん、、、それは違います。実際に音として弾いてみて、その音がどういう風になっていくか。ピアノの演奏って、音楽として弾けるか、心をこめて弾けるか、五感を使うこと、情操面がとっても大事。まずは弾ける楽器、弾ける場所、試行錯誤できる時間、弾くための体つくり、耳を鍛える、などなど、家での練習も黙っているだけでは子供はやりませんので、声掛けは必要。上達するまでには時間がかかるし、結果がすぐ出る、というものではないし。努力を実らせる、親としても苦労もありますね。お料理のように手間暇をかける作業過程行程がとっても大事です・・・ 

 

投稿者: riko_pf

ピアノを巡る日々の出来事を綴ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください