調性

金曜日は、いつもお世話になっているカワイのWさんからコンサートのご案内をいただいたので、チケット購入。流山おおたかの森の駅降りてすぐのホールにて ロシア人の若手奏者の演奏を、I先生と生徒さんのSちゃんとご一緒に聴きました。 今日は満席でございますとアナウンス。催し物は場所や条件がすごくよくても、それぞれが皆忙しい厳しい中暮らしているしね来場や申し込みをしてもらうことはどうしても無理ということ大いにある。。満員御礼素晴らしい。出口のホワイトボードにアンコール曲の嬰ハ短調のショパンノクターン嬰ハ短の次の文字が長、と書いてあって。みなさん、文字の違いには気が付いて、小さな声で、字が違うとささやきながら駅に向かう。 アンコール曲の演奏はとても感じが良かった。I先生を駅から自宅にお送りしおしゃべりもして、たのしい夜でした。

投稿者: riko_pf

ピアノを巡る日々の出来事を綴ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください