JPTA全国大会へ

先週は、AYAKO先生が日本ピアノ教育連盟の第38回ピアノオーディションE部門全国大会で演奏(関東甲信越地区の4名に選出  全国大会は出場16名)してきました。予選ではリストとドビュッシーを、全国大会では東京音大大学院修士課程の修士論文でも取り上げたオリヴィエ・メシアンの8つの前奏曲を演奏しておりました。日本ピアノ教育連盟のオーディションをはじめて受けに行ったのが小2、J1部門奨励賞をいただいた。昭和音大のユリホールで弾いたのは中1の夏、ピティナのE級本選で演奏した時以来だったかな。私のピアノ恩師はメシアン夫人ロリオ先生に師事 パリのご自宅でのレッスンの様子をお聞きした昔でしたが、自分の娘がメシアンの楽曲を題材に修士論文を書くことになるとは。時の流れを感じました。

昭和音大ユリホールへピアノを聴きに。
演奏前にロビーにて

投稿者: riko_pf

ピアノレッスン風景や生徒さんや講師の活動をご紹介。ピアノの新規生徒さんを募集しています♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。